コンテンツへスキップ

拒食症と過食症

 

 

過食や拒食で悩まれている方も多いことと思います。  

 

過食も拒食も、自分ではコントロールできないから困っている。  

 

なのに、人からは、「意思が弱いからだ。」と言われ、傷つき自己嫌悪に陥ってしまう。  

 

そんな人が少なくないようです。      

 

自分では、コントロールできないということは、「顕在意識」を超えた「潜在意識」が、過食や拒食をさせているということかもしれません。  

 

潜在意識は、親を愛しています。   食にまつわる潜在意識は、特に母親を愛しているようです。  

 

なので、あなたは、お母さんのために過食や拒食をしてしまっているのかもしれません。      

 

つまり、あなたは、お母さんを愛するがゆえに、お母さんを守りたいが為に、お母さんを助けたいが為に、過食や拒食をしているのではないでしょうか?

 

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」

公開日 カテゴリー スカイプカウンセリング, 拒食症, 過食症タグ , , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

2 thoughts on “拒食症と過食症

  1. ピンバック: 塩は食べなきゃダメ。でも、食塩は食べちゃダメ。(最終回) – 本当の自分が見つかると、自分が好きになります♪

  2. ピンバック: カウンセリングで、恐怖体験? - ​ たった90日で 最悪人生を シアワセ人生に 変えてしまう 奇跡0次元 カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です