コンテンツへスキップ

来談者中心療法

 

 

「のぶさん」のカウンセリングは、「来談者中心療法」を基本に行います。

 

「来談者中心療法」とは、カール・ロジャースが提唱した心理療法です。  

 

簡単に説明しますと、 「ご相談者様は、話したいことだけを話す。

 

話したくないことは話さなし。カウンセラーは、傾聴に徹する。」という会話をしながら、ご相談者様ご自身が、自ら、悩みや問題を解決していく心理療法です。  

 

人間の肉体に自然治癒力があるのと同様、ご相談者様に、精神的問題を解決する力があることを前提にします。

 

 


 

 

「本当のあなたが見つかる奇跡の0次元カウンセリング」

「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」

「今まで変わりたいと思い、色々なことにお金をかけました。でも、何も変わりませんでした。」

「来談者中心療法とは?」

「観念書き換え療法とは?」

「家族トラウマ解消療法とは?」

「愛されないから満たされないのではありません。」

「ビジネスカウンセリングとは?」

「ストレス(ネガティブな感情)とは?」

「夫婦喧嘩の原因」

「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」

「アファメーション療法」

「あなたの本質は愛です。」

「あなたは無限の愛」

「陽転思考」

「思考は現実化する」

「人間関係のマトリックス」

「拒食症と過食症」

「あなたはすでに」

「観念の恐ろしさ」

「過去の感情を癒やす」

「価値観の違いに感謝する」

「自己中?それとも自己犠牲?」

「無責任なカウンセリング」 

「自分以外の人になろうとしていませんか?」

「本当の自分が分からないあなたに。」

「自分が嫌いなあなたに。」