夫婦喧嘩の原因

 

 

夫婦関係で、悩まれている方がとても多いです。  

 

もちろん、一概に、「これが原因です。」とは言えません。  

 

ただ、夫婦喧嘩の原因の一つに、(韓流などの)メロドラマとAV(アダルトビデオ)があると思っております。  

 

韓流ドラマ(浜松市の心理カウンセリング)

 

つまり、メロドラマやAVで作られた幻想が、夫婦の愛や性に対する誤った期待を創り出し、夫婦関係を悪化させています。      

 

例外もありますが、女性はメロドラマを好み、男性はAVは好む傾向にあります。  

 

当然のことながら、どちらも、現実を実写した映像ではありません。  

 

どちらも、売上を上げるため、視聴率を上げるため、消費者心理を徹底的に考え抜いて作られた架空の映像です。  

 

だから、メロドラマもAVも、現実よりも、刺激的、過激なものとなります。

 

そうしなければ、売上も上がらず、視聴率も上がらないから、そのように制作されます。      

 

そして、何度も何度も、そのような架空の映像を視聴しているうちに、「それがあたかも現実である。」かのような錯覚に陥ってしまいます。  

 

すると、無意識にパートナーがメロドラマ男優やAV女優のように演じることを期待してしまいます。  

 

しかし、パートナーがそのように演じてくれるケースはめったにありません。  

 

なので、パートナーに失望します。

 

「満足できない。残念。」と…。      

 

そんな失望が積み重なるうちに、我慢できなくなり、夫婦喧嘩に発展してしまうケースが少なくないようです。      

 

大人なのだから、メロドラマを見るのもAVを見るのも構わないことです。  

 

ただ、メロドラマもAVも、売上や視聴率を上げるため、視聴者を過度に刺激するような内容になっているということを忘れないようにしなければならないし、「心の麻薬」のようなものであることも忘れないで欲しいです。

 

 


 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」