観念書き換え療法とは?

 

観念 書き換え療法 

 

 

観念とは、心の中の「思い込み」のようなものです。

 
 
例えば、「○○が正しい。」「○○は、間違っている。」「○○すべき。」「○○しちゃいけない。」など。
 
 
そして、その観念と、ご本人様のやりたいこととの間に、ギャップが生じた時に、悩みや苦しみが生じます
 
 
よくあるケースとしては、幼い頃、両親や学校の先生から、「親の言うとおりにしない子は悪い子。」「みんなと違うことをする子はダメな子。」「平均以上にできないなんて恥ずかしい。」と教育され、その観念を持ったまま大人になってしまったケースです。
 
もちろん、その観念と、ご本人様のやりたいこととの間にギャップがなければ、悩みは生じません。
 
しかし、ご本人様の素直な心の部分で、「もっと自由に生きたい。」「私は、本当はこれがやりたい。」という気持ちがあると、両親や先生から教育された観念と相容れず、罪悪感や羞恥心を感じ、やりたいことができなくなってしまいます。
 
罪悪感や羞恥心が、やりたいことをやることに、強く抵抗し恐怖心を抱かせるからです。
 
そして、長年、やりたいことをやらず、他人様の観念に従って(ある意味依存して)、生きてしまうと、「自分は何をしたいのか分からない。生きていても何も楽しくない。」という絶望感を感じるようになってしまいます。
 
 
なので、「観念書き換え療法」は、すでに身につけてしまった観念をハッキリ認識し、その観念が自分がやりたいことに対して、抵抗や恐怖を与えていないかを明確にすることで、やりたいことができる人生に変えていく療法です。
 
 
 
 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」