思考は現実化する。

 

 

ご相談者様に、「今、すでに、思考を現実化させている」と仮定していただくことがあります。  


「えっ? とても辛く、とても苦しい、今の現実を、自分で現実化させている?

 

つまり、今の辛い現状は、自分が招いたもの?」    

 

なんて、到底、考えられないし、受け入れ難い内容だと思います。  

 

なので、無理には、行わないようにしていただいております。  


もちろん、私は、「あなたが今の現実を引き寄せた。」などと言うつもりはありませんし、そんな資格はありません。  


しかし、もし、「仮定だけならやってみても良いかな?」と思えた時には、試していただいております。  


本当に仮定するだけでいいのです。    

 

「もしも、私の思考が現状を現実化させているとしたら、どういうことになるんだろう?」

 

「もしも、今の辛い現実を乗り越えたら、この辛い経験は誰かの役に立つのだろうか?」


「もしも、この経験がないと助けてあげられない人がいるとしたら、私はこの辛い経験を耐え忍んででも、その人を助けたいのだろうか?」

 

「この辛い経験が必要だとしたら、どんなことが考えられるだろうか?」   という風に。

 

こんなに、辛く苦しいのに、あなたが、今、こうして、耐え忍んで生きているということ自体、あなたには強さがあると言うことなのかもしれません。

 

つまり、あなたは、この辛い現状を克服する強さを持っているのかもしれません。

 

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」