自己中?それとも自己犠牲?

 

 

あなたは、自己中タイプでしょうか?   それとも、自己犠牲タイプでしょうか?  

 

あるご相談者様は、自己犠牲タイプでした。  

 

「自分を犠牲にして、他人のために生きることが良いことだ」という観念をもっていらっしゃいました。  

 

そのかたにとっては、それが常識です。  

 

「自分を犠牲にして、他人のために生きることが良いこと。

 

そんなこと、当たり前。

 

だから、今更、考え直す必要も、疑ってみる必要もない。」と思い込んでいらっしゃいます。  

 

そして、結果的に、ご自身の体調を壊してまでも会社のために働き続けてしまいました。  

 

 

 

 

 

例えば、誰かにお誕生日プレゼントしようとする時、 「どれくらいの予算にしようかなあ?」と考えることがあるかもしれません。  

 

2,000円くらいにしようかな?  

 

それとも、5,000円くらい?  

 

いやいや、10,000円くらい?  

 

2,000円じゃ自己中だけど、10,000円なら、自己犠牲過ぎる。

 

だから、5,000円にしようなどと考えることもあるかもしれません。  

 

が、とにかく、相手を喜ばせるためには、自分の身銭を切らなければならない。  

 

つまり、相手を喜ばせるためには、自分を犠牲にしなければならないと思うことは、ある意味、自然なことなのかもしれません。  

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?  

 

 

 

 

例えば、クッキーを焼くことが、趣味の人がいます。  

 

その人は、暇さえあれば、いろんな種類のクッキーを焼きます。  

 

すると、クッキー作りが、どんどん上達します。  

 

その人が、最高に美味しいクッキーを誕生日プレゼントするとしたら、趣味としてクッキーを焼き続けたことは、 自己中なのでしょうか?

 

それとも自己犠牲なのでしょうか?    

 

また、ある人は、魚釣りが大好きでした。  

 

暇さえあれば、魚釣りに出かけます。  

 

すると、どんどん、釣りの腕前が上がります。  

 

そして、お誕生日に、最高においしいお魚をプレゼントすることができました。    

 

また、別の人で、ギターの弾き語りが大好きな人がいます。  

 

その人は、暇さえあれば、ギターを弾きながら歌を歌います。  

 

そして、どんどん、上手になって、感動的なバースデーソングをプレゼントしました。  

 

 

 

 

つまり、人を喜ばすためには自分を犠牲にしなければならないという思い込みを一度疑ってみていただけたらと思うのです。    

 

そして、「世界に一つだけの花」の歌詞のように、その花を咲かせることに一生懸命になることは、 一見、自己中のようだけれど、人を喜ばせることになるということも、考えてみていただけたらと思うのです。

 

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」