コンテンツへスキップ

観念の恐ろしさについて

 

 

僕は、「性悪説」という「観念」を持って生きてきました。  

 

分かりやすく言うと、「人間なんて、所詮、自己中心的な生き物だ。」という「観念」を持って生きてきました。

 

つまり、人間は、結局、自分のことが一番かわいいし、いざとなったら、他人を犠牲にしてでも、他人を殺してでも、自分が生き残ろうとする。

 

それが、人間なのだ。

 

意識的にせよ、無意識的にせよ、ボクは、そんな「観念」を持って生きてきました。  

 

そして、人間は、汚い。

 

人間は醜(みにく)い。

 

そう思っていました。  

 

 

性悪説

 

だから、 そんな汚い自分、醜い自分を、否定することが、 良いことだと思っていました。  

 

僕は、自分を大切にすることは、悪いことだと思っていましたし、 自分を優先することに、罪悪感を感じていました。  

 

そして、常に、 他人より、自分を大切にしてはならない。

 

何か、人様の役に立っていなければならない。

 

そう思うようになっていました。  

 

そうしなければ、自分に価値はない。

 

人の役に立っていない自分は、生きていてはならない。

 

と…。  

 

 

観念のおそろしさ

 

 

そうして、結局、   病気になってしまいました。  

 

そして、結果的に、家族のために、お金を稼ぐこともできない。

 

のみならず、治療費用で、さらに、家計を圧迫するという状況に追い込まれました。  

 

その時、僕は「死にたい。」と思いました。  

 

人様の役に立たない自分には、生きる意味もない。

 

人様の役に立たない自分に、価値はない。 だから、生きていることは、悪いこと。

 

だから、死ぬべきだ。  

 

そう思いました。    

 

そんな風に、「観念」は、人を死に追い込むほどに、恐ろしいものなのだと思うのです。

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」

 

公開日 カテゴリー オンラインセラピー, スカイプカウンセリング, ブログ, 本当の自分, 自分が好きになるタグ , , , , , , , , , , ,

のぶさんについて

 
昭和44年、大阪生まれ。
 
大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。
 
整形外科では手術を勧められましたが、

友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。
 
同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。

その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。
 

また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。

しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。
 
そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。

平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、

現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。
 
お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です