陽転思考

 

 

陽転思考とは、作家の和田裕美さんが提唱している内容で、思考のパターンを陽転させるという意味です。

 

もう少し、詳しく説明すると、私たちは、普段の生活の中で色々な出来事に遭遇するわけですが、どんな出来事に出会っても、とりあえず「よかった」と言いましょう、という内容です。

 

例えば、急に雨が降ってきて、濡れてしまったとします。

 

その時、「びしょ濡れになっちゃった~。」「風邪ひくかも~。」「最悪~。」と悪いことばかりを連想してしまうところを、とりあえず「よかった~」と言ってしまう。

 

その後で、「何故?」を考えて、「だって、雨が降らないと、お米やお野菜が食べられないから。」とか、「これからは、ちゃんと、天気予報見て、折りたたみ傘を準備できるようになるから。」などの理由を見つけていくという心のワークです。

 

とにかく、何があっても、心の中で、まず、「よかった~」と叫んでしまいます。

 

このことを、毎日、繰り返していると、心の中に「よかった~」という癖が付き、無意識に「よかった~」ことを探すようになっていくというものです。

 

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」