コンテンツへスキップ

 

 

6番目 「宇宙とのつながりを実感する。」

 

 

 

 

 

 

わくわくとシンクロの波に乗って生きていると、夢が叶う幸せや、願望が達成する喜びを味わいます。

 

 

と同時に、わくわくもシンクロも、自分の力ではないことが分かってきます。

 

 

つまり、夢や願望は、自分のチカラではなく、宇宙のチカラで叶うということが分かるようになります。

 

 

 

それと、同時に、宇宙とのつながりが分かってくると、心配事がなくなってきます。

 

 

お金が自分を護ってくれるより、宇宙が自分を護ってくれる方が安全安心だと感じるようになります。

 

 

なので、お金の悩みや、不安・心配が消えていきます。

 

 

 

 

 

 

自分が好きになる8つのステップ。7番目「自分が愛・才能・価値を創造していることに気づく。」

 

 

 


 

 

自分を好きになる方法 


1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

7番目 「自分が愛・才能・価値を創造していることに気づく。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 

 

 

 

 

 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

 
 
 
シンクロの流れに乗る
 
 
 
 
シンクロニシティを感じると、行動せずにいられなくなってきます。
 
ただし、恐れも生じます。
 
恐れは、安全ブレーキの働きも担っています。
 
なので、恐れを無視することも危険です。
 
はじめは、小さなシンクロニシティを体験するところから始めていただきたいと思います。
 
なぜなら、リスクを負える範囲で行動していただきたいからです。
 
 
シンクロニシティの流れに乗って、どこかに行ったり、人に会ったり、何かを買ったりすると
 
何とも言えない不思議な幸福感を感じるようになります。
 
 
それが絶対的な幸せです。
 
誰かに認められるとか、誰かに評価されるとか、誰かに愛されるとかではなく、純粋に「やりたいことができた!」「夢が叶った!」「わくわくが現実になった!」という自己満足的な幸福感です。
 
その幸福感を味わった時、同時にあなたは、人の幸福を心から自然に祈るようになります。
 
 
 
それと共に、
 
自分が自分の人生の主役であることも分かってくると思います。
 
人間関係等で起こる様々な出来事は、自分が夢を叶えるために起こっている出来事であることが分かってきます。
 
なので、人に依存しない、自立した自分になります。
 
なぜなら、自分の人生においては、自分が主役・主人公だからです。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 


 

 

 

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」

 

 

 

 

無から生じた「わくわく」を何度か感じると、自分の「わくわく」が少しずつ明確になってきます。

 

 

そして、自分の「わくわく」に確信を持つようになると、シンクロニシティが起こります。

 

 

「これは運命の出会い?」「これは奇蹟?」と感じさせられる、偶然とは思えない出来事や、運命を感じる人との出逢いが起こります。

 

 

思考が現実を引き寄せるというよりは、

 

無から出てきた純粋なわくわくが、現実を引き寄せるということが分かってきます。

 

そのわくわくは、無から出ているので、「無欲」「無条件」「無償」「無限」という性質を持っています。

 

そのわくわくは、とてもパワフルに現実を引き寄せます。

 

 

 

 

 

自分が好きになる8つのステップ。5番目「シンクロの流れに乗る」。

 

 

 

 


 

 

自分を好きになる方法 


1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

7番目 「自分が愛・才能・価値を創造していることに気づく。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 

 

 

 

 

3番目 「無からわくわくが生まれる。」

 

 

観念のおそろしさ

 

 

 

無の時間を、気持ちよく味わっていると、ふと好奇心のようなものが生まれるようになります。

 

特に理由もないし、それをすることで得するわけではないのに、

 

ただ、「これをやってみたい。」というインスピレーションのような好奇心が生まれます。

 

それが、「わくわく」です。

 

「わくわく」には、見返りを求めない。結果を求めない。「理由はなく、ただ、やってみたいだけ。」という特徴があります。

 

そして、その「わくわく」には、貴方の純粋な愛・才能・価値が含まれています。

 

 

 

 

 

 

自分が好きになる8つのステップ。4番目「わくわくがシンクロを引き寄せる。」

 

 


 

自分を好きになる方法 


1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無からわくわくが生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「宇宙とのつながりを実感する。」

7番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 

 

 

7番目  「自分の愛・才能・価値を認められる。」

 

 

 

 

わくわく・シンクロの流れで生きると、夢が叶い、幸福感を味わいます。

 

すると、「他の人にも幸せになってもらいたい!」と、自然に思えるようになります。

 

そして、無意識に、無条件に、無償に、無性に、人様のために何かをし始めます。

 

その時、あなたは、自分の愛・才能・価値を発揮しています。

 

同時に、あなたの愛・才能・価値を受け取った人は、あなたに感謝します。

 

なので、あなたは、自分の愛・才能・価値を認められるようになります。

 

 

 

 

 

自分が好きになる8つのステップ。8番目「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 


 

 

 

自分を好きになる方法 


1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

7番目 「自分が愛・才能・価値を創造していることに気づく。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」