コンテンツへスキップ

本当の自分に出会う物語 【 コトちゃんはひきこもり 】(2)

 
 
 
 
 
 
 

【 一緒に幸せにならない? 】

 

 

「だから、お兄ちゃんは、幸せを感じられないの!」と話すコトハの声は、自信に満ちていた。

 

その時は、なぜか、コトハが10歳くらい年上の女性に見えた。

 

が、少し時間が経ち、われに帰ると、僕はコトハに怒りを覚えるようになった。

 

「コトちゃん!何、言ってんだよ!

コトちゃんは、今まで散々、お父さんやお母さんを心配させて苦労させてきたんだぜ。

そんなコトちゃんに、『だから、幸せになれないのよ!』なんて、言う資格がどこにあるんだ?」

と、僕は、コトハを口で攻撃した。

 

しかし、コトハは冷静だった。

まったく、動じる様子がない。

そして、小さな声でポツリと応えた。

 

「その怒りも、お兄ちゃんを不幸にさせている罪悪感なの。」と。

 

僕は、また、胸が裂かれる痛みを感じた。と同時に再び、妹のコトハが10歳くらい年上の女性に見えてしまった。

 

さっきまでの炎の怒りに水をかけられた僕は、冷静さを取り戻し、力の無いボソボソとした声でコトハに尋ねた。

 

「どうしちゃったんだ? コトちゃん? 急に大人になったみたいなんだけど…。」

 

「だから、分かったのよ、お兄ちゃん!コトちゃんは、お兄ちゃんを責めてなんかいないよ。お兄ちゃんは、罪悪感から怒りの感情を出してしまっただけだから。」

 

落ち着いて静かに語るコトハの声に、胸の痛みが癒されるような温かさを感じた。

 

「ところで、コトちゃん。

さっきから、『罪悪感』『罪悪感』って言ってるけど…。

何だ? その『罪悪感』って言うのは?」 

 

「だから、さっき言ったでしょ!

お兄ちゃんは、『私は悪いことをしてしまった。』って思ってるということよ。

お兄ちゃんが怒ってしまったことが、お兄ちゃんに罪悪感がある証拠。

つまり、お兄ちゃんは心の中で、『僕は悪いことをしてしまった。』って、ずーっと思っているっていうことなの。」

 

というコトハの話に、今度は少し冷静になって耳を傾けたが、いまいちコトハの言っていることが理解できない。

 

「なぁ、コトちゃん。

大人って言うのは、誰だって、人に言いたくないことが一つや二つあるもんだよ。

確かに、コトちゃんの言う通り、それが罪悪感としてオレの中にあるのかもしれない。

でも、どこかで、うまく妥協して協調性を保って生きていく。

それが、大人だし大人の社会っていうもんだよ。

これからコトちゃんも社会に出ることになる。

そして、コトちゃんが仕事を始めるようになったら、そんなこと言わなくなるって。」

と、コトハをたしなめるように僕は言った。

 

「確かに、お兄ちゃんの言うとおりだと思う。

でも、だからって、なんで不幸を選択して生きていくの?

どうせなら、幸せを選択して生きたほうがいいと思わない?

もちろん、この世に幸せが無いなら、しかたがないわ。

でも、幸せがあるのに、何であえて不幸を選択して生きるの?

幸せがあるなら、幸せを選択して生きるべきよ。」

と、静かだが声にチカラが込められていた。

 

が、僕には、コトハの言っていることがよく理解できない。

「幸せ?不幸?罪悪感?

ん~。あまりピンとこないな~。

そんでもって、結局、コトちゃんは何が言いたいんだ?」

と言う僕に対し、コトハはさらに力強く答えた。

 

「お兄ちゃん! コトちゃんと一緒に、幸せにならない?」

 

「はあ…?一緒に幸せにならない?」

満面のほほえみに、僕の頭の中は真っ白になった。

 

 

つづく

 

 

 


 

 

 

あなたの愛と価値が解かり、シンクロが起こるカウンセリング。

 

カウンセリング無料体験

 

 
公開日 カテゴリー スカイプカウンセリング, 本当の自分, 無から有, 自分が好きになるタグ , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です