コンテンツへスキップ

物語 【 幸せの方程式 】(3)

 

 

 

 

~ この公式を使えば、みんなが、幸せになる ~

 
 
 
 

2. 「叶う」=「シンクロ」×「行動(勇気)」

 

 

「思考は現実化する」という本がありますよね。

 

僕には、どうも理解できませんでした。

 

「『お金持ちになりたい』と思って、お金持ちになる自分をイメージするのだけど、お金持ちにならないんですよね~。

 

でも、「思考」を「夢」に置き換えた時、「そうか!」と気づきました。

 

カエルくんを見つけて、ワクワクしていると、その「夢」にまつわる現象が、目の前に現れるのです。

 

 

それを、シンクロ(意味を感じる偶然の一致)現象といいます。

 

不思議で、信じられない、奇跡のような現象です。

 

 

何故かは、分からないのですが、ワクワクしているとシンクロ現象に出会うようになります。

 

もし、ラボアジェの質量保存法則や、アインシュタインのエネルギー等価法則で、説明するなら、こうなります。

 

 

「ワクワク」は「無」から生じた高次元エネルギー。そのエネルギーが、3次元に変換された時、シンクロが「現象化」する。

 

簡単に言えば、「気体が冷えると、液体になる」ということ。

 

えっ? 「余計分からない。」って?

 

ですよね~。(笑)

 

 

とにかく、「もしかして、これ、シンクロ?」と感じたら、勇気をもって、「行動」します。

 

その時、失敗、損失などの恐れもやってきます。でも、その恐れを越えて「行動」した時、「幸せ」が舞い降りてくる。

 

しかも、恐れが大きい時ほど、「幸せ」も大きくなるのです。

 

 

 

昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。

 

しかし、おじいさんとおばあさんには、子どもがいません。

 

なので、おじいさんとおばあさんは、「子どもがいれば、もっと楽しいだろうにねえ。」とよく話していました。

 

そんなある日、おばあさんが、川に洗濯に行くと、

 

ドンブラコ~

 

ドンブラコ~

 

ドンブラコ~

 

おばあさんよりも、大きい、巨大なモモが、川の上流から流れてくるではありませんか!

 

「なんじゃあ? あれは?」

 

「もしかしたら、こわ~い、鬼のタマゴ?」

 

 

でも、その時、おじいさんとの会話を思い出します。

 

「もしかしたら!」

 

おばあさんは、意を決して、川に飛び込みます。

 

バッシャッ!

 

バッシャッ!

 

バッシャッ! 

 

 

おばあさんは、ずぶぬれになって、大きなモモに飛びつきました。

 

しかし、モモがあまりに重いので、おばあさんは、足を滑らせて、川に流されそうになります。

 

それでも、おばあさんは、あきらめません。

 

「もしかしたら、これは、シンクロかも!」

 

ついに、おばあさんは、その大きなモモを、川岸まで引き上げました。

おばあさんは、もう、クタクタ。

 

そこへ、おじいさんがやってきました。

「もしかしたら、鬼が出てくるかもしれない…。」

 

そんな不安が、よぎりますが、おじいさんも、おばあさんも、ワクワクしていたので、モモを切らずになんていられません。

 

家にあった一番大きな包丁を持ってきて、

 

「えいっ!」と、ひと振り。

 

「オギャーッ!」

 

ついに、おじいさんとおばあさんは、モモ太郎という、元気な元気な男の子を授かり、楽しく幸せに暮らしたとさ。

 

めでたし めでたし

 

 

 

幸せの方程式は、とってもシンプルです。

 

 

カエルくんが飛び込むのを無心で待つ。

 

モモが流れて来るのを無心で待つ。

 

そして、モモが流れてきたら、掴む。

 

ただ、それだけです。

 

 

先日、浜松駅に行った時のこと。

 

浜松のご当地キャラ「家康くん」がいたので、「家康くーん!」と言って近寄り、ハグしました。

 

そうしたら、家康くんが、幸せの方程式を活かす「秘訣」を教えてくれたのです。

 

「 鳴かぬなら~ 鳴くまで待とう ほととぎす~ 

 

ワシは、この『秘訣』で、天下も、夢も、幸せも、掴んだのじゃ~! ハッ ハッ ハア~ !」と。

 

僕は、「やっぱりそうだったのか!」と、確信を深めました。

 

 

ココロ静かに、ワクワクを待つ。

 

ココロ静かに、シンクロを待つ。

 

そして、シンクロ現象が起きたら、勇気を持って行動する。

 

幸せの方程式は、とてもシンプルなのだと…。

 

 

 

そして、最後に、とても大切なこと。

 

「幸せの方程式で、あなたが掴んだ幸せは、

 

まわりの人に伝わり、まわりの人を幸せにします。

 

 

あなたが感じた、ココロ満たされる感覚は、

 

まわりの人の、ココロを満たすことになります。」

 

と、家康くんが、付け加えてくれました。

 

「ほんまかいな?」って?(笑)

 

僕のお腹の底からは、また、ある感情が沸いてくるのでした。

 

まるで、積乱雲のように、モコモコッ、モコモコッ…。

 

 

 

ボクを、生んでくれて、ありがとう

 

生きていることに、感謝します

 

生かされていることに、感謝します

 

 

おしまい

 

 

 

 

このお話が、あなたの心の種となり

 

いつか、芽を出してくれることを

 

そして、あなたを、ワクワク・ドキドキ・イキイキの人生へ導いてくれることを

 

 

 

 


 

本当の自分に出会う物語「コトちゃんはひきこもり」

 

あなたの愛と価値が解かり、シンクロが起こるカウンセリング。

 

カウンセリング無料体験

 

 

 

 

 

公開日 カテゴリー スカイプカウンセリング, 本当の自分, 無から有, 自分が好きになるタグ , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です