コンテンツへスキップ

本当の自分に出会う物語「コトちゃんはひきこもり」(14)

 
 
 
 
 
 

【ひさかたぶりの兄妹げんか】

 

コトハは、声のトーンを落とし真顔で言う。

怒っているようだ。

「だから、み~んな一つなの!お兄ちゃん、自分で言ったのよ!ヒマワリの種は一つ。宇宙も一つ。お兄ちゃんも一つ。コトちゃんとお兄ちゃんも一つ。

そして、そんなの当たり前っつうか普通のことじゃんって、お兄ちゃんが言ったのよ!

だから、み~んな一つっていうことが当たり前で普通なの!

こんなヒマワリの種より小さかった宇宙が一つじゃないわけがないの!一つじゃないなんて、おかしいの!別々とかバラバラだなんて、おかしいのよ!」

コトハの怒りの感情に触発された僕は、「売り言葉に買い言葉だ!」と言わんばかりに、感情をあらわにして反撃を開始した。

「だから何なんだよ!ワケ分かんねえな!そんなもんオレの知ったことかよっ!」

こんな兄妹げんかは何年ぶりだろうか?とにかく、ひさかたぶりの兄妹げんかが始まった。

コトハは、「お兄ちゃんになんて負けないわよ!」と言わんばかりに、強い声を出した。まるで強靭に鍛えあげられた筋肉のような、硬さと強さを持った声だ。

「本当に、お兄ちゃんは鈍(にぶ)いわねっ!

お兄ちゃんとユリさんが、バラバラだなんて、おかしいのよ!」

「………………。」

僕の心臓は、止まった。

ひさかたぶりの兄妹喧嘩は、ほんの5秒で、あっけなく終了してしまった。

僕の負けだ。

今日は7月7日。ちょうど1ヶ月前に僕はユリと別れた。

しかし次のコトハの言葉が、僕の心臓に血液を循環させる仕事を再開させた。

「でも、お兄ちゃんが悪いんじゃないのよ。

お兄ちゃんの罪悪感が、一つになることを受け容れられないの。

お兄ちゃんの罪悪感が、一つになることを拒もうとするの。

お兄ちゃんの罪悪感が、不幸を選択してしまったの…。」

コトハの声は、静かで穏やかになっていた。どことなく哀しみを抱えている。

しばらくお互いに黙った。

セミが、また鳴き始めた。

兄妹げんかの熱を、一生懸命冷ますかのように…。

徐々に、僕の熱さと暑さが柔らかくなっていく…。

ミーン、ミー、ミー、ミー…。

 

 

つづく

 

 


 

 

 

あなたの愛と価値が解かり、シンクロが起こるカウンセリング。

 

カウンセリング無料体験

 

 

公開日 カテゴリー スカイプカウンセリング, 本当の自分, 無から有, 自分が好きになるタグ , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です