コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式(3)【 有=無 ① 海 】

続・幸せの方程式(3)

 
 

 

 

 

【 有=無 ① 海 】

 

 

 

僕の目の前には、ただ真っ青な光景が広がっている。

 

青というよりは、青色に黒を混ぜたような、濃厚な藍色の液体の中に僕はいる。

 

僕は、上下、前後、左右に、穏やかにゆったり揺れている。

 

ゆらゆらと揺れる母親の背中におぶさりながら、「ね〜んね〜ん。ころ〜り〜よ。おこ〜ろ〜り〜よ〜。」という子守唄を聴いていた時のような安堵感を覚える。

 

 

「きっと、これは、海の中だ。」と、僕は直感した。

 

その直感を揺るぎない確信に変えるかのごとく、僕の耳には、ザブウーン、ザブウーン、という波の音が入って来た。

 

その波の音の間に、ブクブクブクブク、という水の泡の弾ける音が混ざる。

 

 

波はとても穏やかだ。

 

ゆっくりと。ゆったりと。

 

ザブウーン、ブクブクブクブク、ザブウーン、ブクブクブクブクと子守唄さながらの独特な音楽が、僕の気持ちを安らかにする。

 

 

僕は、その心地良い波の揺れと、波が奏でるザブウーンブクブクブクブクという子守唄に癒され、まどろみに落ちていった。

 

 

が、急に目の前の藍色が明るくなり始め、濃厚な藍色は、透明性を増し、マリンブルーに、さらに、水色へとその色を変化させていった。

 

そして、次の瞬間、白と黄色の入り混ざったまぶしく燦々(さんさん)と輝く一点の光が僕の眼孔に入って来た。

 

僕は「うわっ!太陽だ。眩しい!皮膚が焼けるように熱い!」と小声で叫びながら、まぶしく輝く光をさえぎるため、とっさに自分の右腕を目の前に回した。

 

 

すると、僕の体は、フワッと軽くなり、上へ上へと垂直方向に上昇を始め、僕は海から離脱し始めた。

 

臼(うす)に入れられ、杵(きね)で力強く叩きつけられ、粘性と弾力を身につけた、アッツアツの湯気を湧き上がらせている、真っ白で艶(つや)っ艶な大きいお餅から、一口で食べられるピンポン球サイズのお餅をちぎり取る時に、すーっと一本の糸を引いて、小さなお餅が大きなお餅から分裂していくように、僕の体は糸を引きながら海から分裂した。

 

 

その粘性を帯びた糸が切れた瞬間、僕の体は、目に見えない鳥の羽毛のようになり、体重は限りなくゼロに近づき、猛烈なスピードで宙をさまよい始めた。

 

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

公開日 カテゴリー スカイプカウンセリング, 本当の自分, 無から有タグ , , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です