コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式(30) 【 インディア ② 無精卵 】

幸せの方程式(30)

 
 
 
 
 

【 インディア ② 無精卵 】

 

 

僕は、フツウにそのまま麻里奈の部屋に入った。

 

が、フツウでない光景を、目にすることになった。

 

麻里奈が、洗面台で頭を下向きに垂らし、むせるようにして嘔吐している。

 

麻里奈とは、毎日、メールで連絡を取っていたが、数日前から少し様子が変だった。

 

僕は心配しながらも、「きっと、仕事が忙しくて疲れているんだろうな。もしかしたら、梅雨の影響で体調を崩しているのかもしれない。」と楽観的に推測していたが、実際は違っていた。

 

「大丈夫?」

 

麻里奈の様子が変だったのは、仕事が忙しかったからでも、梅雨の影響で体調を崩していたからでも、病気を患っていたからでもなかった。

 

麻里奈が肩を震わせ泣いている。

 

「ごめんなさい…。」

 

「えっ?」

 

僕は理解できなかった。

 

1分後、僕の口から、不安な声が漏れ出た。

 

「麻里奈…。」

 

僕の口からは、悲しみと失望とがグチャグチャに入り混じったような声が出た。

 

「ニ・ン・シ・ン・?」

 

 

灼熱の太陽のように熱い怒りと、シロクマが住む北極海の氷河ように冷たい悲しみとが、津波のように一気に僕の胸に押し寄せてくる。 

 

「ダレのコ…?」 

 

「分からない…。」 

 

泣きながら首を横に振る麻里奈。 

 

僕は麻里奈の真っ黒な髪の毛を5本の指で鷲掴みにした。 

 

「誰の子なんだよ! 

 

嘘つき! 

 

裏切り者!」 

 

僕たちの結婚式は、2週間後に迫っていた。 

 

僕たちの結婚式は、できちゃった結婚ではなかった。 

 

僕も、麻里奈も、婚前交渉に反対していた珍しい人種だった。 

 

僕が、麻里奈を選んだ理由は、麻里奈が可愛かったからでも、美しかったからでも、性格が良かったからでも、経済力があったからでも、料理が上手だったからでも、頭が良かったからでもなかった。

 

全く?と訊かれたら、ウソになるかもしれないが、ともかく、それらは二次的な要素だった。

 

僕は、ロマンスに恋い焦がれる絵本好きの少女が、女性のフィギュアを右手で持ち男性のフィギュアを左手で持って、二つのフィギュアを抱き合わせたり、キスさせたりするかのように、ただ、純粋な愛で心と体が結ばれる結婚をずーっと夢見ていた。

 

何故だかは分からないし、恥ずかしくて誰にも言えなかったが、それが、他人(ひと)に言えない秘密だった。

 

そして、偶然にも、その秘密を打ち明けられる人物に出逢った。

 

そんな人物に出逢えるなんて、思ってもみなかった。

 

しかし、とにかく、「清らかな愛で心と体が結ばれる日イコール結婚」という珍しい価値観を共有できる人が僕の目の前に現れた。

 

そして、ついに、2週間後、その20年来の最大の夢が叶うことを期待し、ハートをドキドキさせながら過ごしていた日の、あまりにも衝撃的な出来事だった。

 

「誰の子なんだよ!」

 

僕は、半狂乱になり、鷲掴みにしている手の力をさらに強め、泣き崩れている麻里奈の後頭部に向かって、泣き叫ぶように訴えている。

 

麻里奈は力なく、洗面台に顔を埋(うず)めたまま、ただ泣きくずれている。

 

僕は、理解できない現実に直面し、絶望し、全身の力を失い、元々、撫(な)で肩なのに、さらに肩の位置を5センチほど下に下げて、麻里奈の部屋を後にした。

 

もう、七色の半円レインボーは見えない。

 

会社に「北海道の叔父が危篤状態になったので、1週間ほどお休みをいただきます。」と虚偽のメールを送り、パスポートと財布、歯ブラシと歯磨き粉、フェイスタオル2枚を、小さなリュックサックに詰め、着替えも持たず、部屋の戸締まりもろくに確認しないまま、僕はインドにいる恩師シャンカールの元へと飛んだ。

 

「僕は、シャンカールに会ったら、質問する。

 

『ニワトリのように、もしくは、聖母マリアのように、男性と関係を持たずに妊娠できる女性がこの世にいるのか?』

 

もし、シャンカールの答えが、『人間の女性は、無精卵を産まない。』であれば、僕は、そのままガンジスという深く豊かな水の流れに身を流す。」ことを決めて。

 

 

つづく

 

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

 

公開日 カテゴリー スカイプカウンセリング, 本当の自分, 無から有タグ , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です