「あなたが自分の愛に気づけない3つの理由」その2。 

 

今回は、

「あなたが、自分の愛に

気づけない3つの理由」

2回目.無意識を認識していないから。

です。

 

▼動画は、こちら。
https://youtu.be/WofiaoKqUns

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ▼プロローグは、こちら。
 https://youtu.be/85fqBlM1XkU

 ▼その1「現実逃避しているから」。
 https://youtu.be/-Njp8MEiGPY
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

プロローグで、

===================

 「あなたに愛がある」

 なんて信じられないかもしれません。

  でも、

 「それが真実」です。

===================

とお伝えしました。

 

では、なぜ、自分の愛に気づけないのか?

2つ目の理由は、

「無意識を認識していないから」です。

 

無意識を認識するということは、

「ちょっと時間ができた時に、

 ふっと何を考えるのか?」

を認識するということです。

 

=============

 無意識にあなたが

 思ってしまうことは、

 無欲・無償の愛情表現。

=============

なぜかというと、

無意識にあなたが思ってしまうことは、

無欲・無償の愛情表現だからです。

 

例えば、

もし、自然に、ごく普通に、

何のストレスもなく、

「今日は、どんなご飯を作ろうかなぁ?」

と思ってしまうのなら、

あなたは、お料理という価値提供で、

無欲・無償の愛を表現しようとしている

ということになります。

 

そして、実際に、お料理という価値を提供し、

人様に喜んでいただけたときに、

深い喜び、すなわち、

愛する喜びを感じられます

 

=============

 無意識を認識をするのは、

 恥ずかしい ???

=============

しかし、

意外と、無意識を認識をするのが、

難しかったりします。

 

なぜなら、

「無意識」が、

「恥ずかしい」ものであったりするからです。

 

例えば、

ふっと、無意識に思ってしまうことが、

宇宙人のことであったり、

目に見えない世界のことであったり、

男女の愛やsexに関することだったり、

する場合もあります。

 

すると、

反射神経的に、

その無意識への認識を、

避けてしまったり、

遠ざけてしまったり、

ふたをしてしまったりします。

 

例えば、

自分は、変なんじゃないの?

自分は、おかしいんじゃないの?

自分は、精神病なんじゃないの?

と思ってしまうということです。

 

 

実際、僕は、小さいときから、

と気が付くと、

「シアワセって何なんだろう?」

みたいなことばかり考えて悩む、

変なヤツでした。

友達からも、

「また、悩んでるの?」

って、言われました。

(。-_-。)

 

でも、

実際は、

ふっと無意識に考えてしまうことは、

恥ずかしいことではなく、

無欲・無償の愛情表現です。

 

なので、

もし、よろしかったら、

お友達、もしくは、のぶさんに、

「実は、ふと気が付くと、

 こんなこと考えちゃうんだよねぇ…。」

って、言ってみてくださいね。

 

きっと、それが、

ご自身の愛に気づく、

きっかけになると思いますので。

(^_^)

 

 

次回は、

 

「あなたが、自分の愛に

気づけない3つの理由」

その3.

ネガティブな感情や行動を愛情表現として捉えられないから。

です。

よろしかったら、次回も、お付き合いくださいね。

 

今日も、最後までお読みくださり、

本当にありがとうございます!

 

あなたのお幸せを祈っております。

 

もし、疑問・質問等がございましたら、遠慮なくご返信くださいませ。

 

 

「本当のあなたが見つかる奇跡の0次元カウンセリング」 

「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」

「アドバイスいただけますか?」

「今まで変わりたいと思い、色々なことにお金をかけました。でも、何も変わりませんでした。」

「もう一人の自分は、どこにいる?」

「自分が嫌いなあなたに。」

「来談者中心療法とは?」 

「観念書き換え療法とは?」 

「家族トラウマ解消療法とは?」 

「愛されないから満たされないのではありません。」 

「ビジネスカウンセリングとは?」 

「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 

「夫婦喧嘩の原因」 

「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 

「アファメーション療法」 

「あなたの本質は愛です。」 

「あなたは無限の愛」 

「陽転思考」 

「思考は現実化する」 

「人間関係のマトリックス」 

「拒食症と過食症」 

「あなたはすでに」 

「観念の恐ろしさ」 

「過去の感情を癒やす」 

「価値観の違いに感謝する」 

「自己中?それとも自己犠牲?」 

「無責任なカウンセリング」 

「自分以外の人になろうとしていませんか?」 

「本当の自分が分からないあなたに。」