コンテンツへスキップ

東芝 dynabook r731 を分解して、 キーボード をまるごと 交換

愛用していた、ノートパソコン(東芝dynabook・r731)のキーがとれちゃいました。

 

 

 

軽くて、サイズも手ごろで、ちょうどよく、お気に入りのパソコンだし、

新しく買って、いろいろ、設定し直すのも面倒だし、

お金もかかっちゃうし…。

 

なんてコトを思い悩みながら、


パソコン屋さんに相談に行ったら、

 

「ボタンだけの修理はできません。」

 

と即答されちゃいました。

(´・_・`)


「修理するなら、キーボードをまるごと交換しないといけないし、

そのためには、お金も時間もかかるので、

買い換えたほうがお得かもしれません。」

 

とのこと。

 

 

それで、「何か、安く修理する方法は、ないかなあ?」と思って、

ネットで調べていたら、中国で、キーボードを安く売っているらしい。

(^_^;)

 

お値段は、送料・税込み、2800円なり。

 

「中国かあ?

本当にちゃんと、商品が届くのかなあ?」

と、とっても不安でしたが、

 

「まあ、2,800円なら、失敗しても笑い話として、

話の種になって良っかぁ?」

 

と思って、ポチリっと、注文ボタンを押したら、

10日後くらいに、無事、キーボードが、到着!

(^_^;)

 

 

 

中身も、紹介されていた通りの希望の商品でした!

(^_^)

 

それで、早速、キーボードをビリビリと、剥(は)がします!

 

が、コードがつながっていて、キーボードを完全に外せません。

(´・_・`)

 

 

 

しかたがないので、パソコンをひっくり返して、

バッテリーを外し、

 

 

 

ネジをユルユルと緩めていきます。

 

 

 

普通のプラスドライバーと、

メガネ修理などで使う、小さいドライバーが必要でした。

 

そして、分解完了!

 

 

コードを抜いて、キーボードを張り替えます!

 

入力も、無事にできました!

 

 

 

※ 失敗談

はじめは、キーボードの四隅にしか、接着剤をつけなかったので、

キーボードが浮いて、ガバガバしちゃいました。

なので、接着剤を薄く満遍なく塗りなおしたら、

快適にタイピングできるようになりました。

 

 

 

こちらの動画を参考にさせていただきました。

とても、役に立ちました。

ありがとうございます。

 

 

 

公開日 カテゴリー ブログタグ , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.