コンテンツへスキップ

なぜ、好きなことをすると、お金が入ってくるのか?(13) 

やっと、少し、涼しくなりましたね。


金曜日の浜松の朝は、


雲ひとつない、快晴のお天気だっただけでなく、


涼しく爽やかに風が吹いて、


メチャクチャ気持ちがよかったです。

(^_^)

 

 

さて、前回までに、

 

1.好きなことをしてたら、食べていけないは、ウソ。

2.あなたは、すでに、好きなことで報酬を得ている。

3.「10円なら買ってもらえますか?」で、お金は入ってくる。

4.好きなことで食べていけるようになるためには、「損して徳を取るプロセス」が必要。

5.「損して徳取る」を続けていると、「好きにすること = 迷惑をかけること。」でなく、「好き勝手すること = 人を愛すること。」だと分かってくるし、 「お金を得る=苦労、自己犠牲」ではなく、「お金を得る=感謝されること。価値の提供。」であることが分かってくる。

6.好きなことを続けると、他の人ができないサービス(希少価値)を提供でき、食べていけるくらいのお金が入ってくる。

7.あなたは、世界に一つだけの色を、放つダイヤの原石です。」

 


などとお伝えしたのですが、

 

 


===============

 なぜ、自分のダイヤに、

 気づけないのか?

 なぜ、自分のダイヤを、

 磨けないのか?

===============

今日は、


「では、なぜ、多くの人が、


 自分がダイヤの原石だと気づけないのか?


 自分のダイヤに磨きをかけられないのか?」


について書いてみたいと思います。

 

 

いきなり、結論になってしまうのですが、


自分がダイヤの原石だと気づけない理由は、


「学校教育が、そうしているから」


のような気がしております。

 

学校教育

 

 

==============

 自分のダイヤに気づけない

 理由は、学校教育?

==============


つまり、学校で、


あなたのダイヤが見つからないよう、


あなたのダイヤに磨きがかからないよう、


教育されているのではないか?


ということです。

 

 

もちろん、


学校教育のすべてを否定するつもりはありません。


最低限のマナーや、


言語力や計算力を身につけておくことは、


とても大切なことだと思います。

 

 

==============

 学校教育に潜む、

 「出世コースから外れると、

  貧しく、惨めになる。」

 という脅迫観念。

===============


しかし、学校教育の中で、


「試験で良い点数を取れば、良い大学に行ける。


 そして、良い大学に行けると、高収入の職業に就ける。


 すると、経済的に豊かで安心した暮らしができる。」


という観念が刷り込まれてしまうのだとしたら、

 

それが、


ダイヤの原石に気づかなくさせてしまう


原因になるように思います。

 

 

なぜなら、それは、


「テストで良い点数を取れないと、


 貧しい惨めな暮らしを強いられることになるぞ!」


という脅迫観念でもあるからです。

 

 


================

 将来、貧しくなると思うと、

 不安になり、怖くなる。

 そして、それを避けたいと思う。

=================

 

そんなことを聞いてしまうと、


フツウ、怖くなってしまいます。

 


そして、


「貧しく惨めになったら、


 どうしよう?」


と、心配をしてしまい、


不安になってしまいます。

 

 

すると、


(希望的なポジティブな動機ではなく、)


「貧しく惨めなんて、イヤだ!」というネガティブな動機で、


試験の点数稼ぎに走ってしまいます。

 

 

さらに、それは、


他の人より、良い点数を取らなければならないという、


【弱肉強食の競争心理】を、


子どもに、植え付けられることになってしまうので、

 

 


「点数競争に勝った人は、


 経済的に豊かに暮らせるけれど、


 点数競争に負けた人は、


 貧しく惨めになる。


 それが、社会の現実だ。


 それが、世の中の実際だ。


 世間は、なんて世知辛いんだろう。」

 


という世界観を、


子どもが、持つようになってしまいます。

 

 


================

 「世の中、世知辛い」という

 世界観を持った人が集まると、

 世知辛い世の中が、

 現実に作り出される。

=================


そして、そういう考え方を持った人が集まると、


当然、そのような世知辛い世の中を、


現実に作り出してしまうことになります。

 


もう少し、分かりやすく言うと、

 


「オンリーワンになったって、


 食べていけないよ。


 結局、この世の中は、


 人との競争に勝って、


 ナンバーワンにならないと、


 まともに食べていけない世界だよ。


 つまり、人を蹴落とさないと、


 豊かになれないのが、


 この世界の現実だよ。」

 


という、絶望的な世界観を


持ってしまいます。

 

 

==========

 実際の世界、

 現実の世界、

 とは違う

 絶望的な世界観

==========


実際、


現実の世界は、


そうではないのに…。

(´・_・`)


ちょっと長くなってしまったので、


また、次回に続けますね。

 

今日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!


あなたのお幸せを祈っております。

 

 

「自分のことが好きになる8つのステップ」 


「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」

「アドバイスいただけますか?」

「今まで変わりたいと思い、色々なことにお金をかけました。でも、何も変わりませんでした。」

「もう一人の自分は、どこにいる?」

「自分が嫌いなあなたに。」

「来談者中心療法とは?」 

「観念書き換え療法とは?」 

「家族トラウマ解消療法とは?」 

「愛されないから満たされないのではありません。」 

「ビジネスカウンセリングとは?」 

「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 

「夫婦喧嘩の原因」 

「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 

「アファメーション療法」 

「あなたの本質は愛です。」 

「あなたは無限の愛」 

「陽転思考」 

「思考は現実化する」 

「人間関係のマトリックス」 

「拒食症と過食症」 

「あなたはすでに」 

「観念の恐ろしさ」 

「過去の感情を癒やす」 

「価値観の違いに感謝する」 

「自己中?それとも自己犠牲?」 

「無責任なカウンセリング」 

「自分以外の人になろうとしていませんか?」 

「本当の自分が分からないあなたに。」 

公開日 カテゴリー お金, ブログ, 夢が叶うタグ , , , , , , , , , , ,

のぶさんについて

  昭和44年、大阪生まれ。   大学卒業後、パソコン仕事と長時間運転により、頚椎ヘルニアと診断されました。   整形外科では手術を勧められましたが、 友人知人から「手術は危険だからやめておけ。」という助言を受け、手術を避けました。そして、整体院に通いました。   同時にヨガにも取り組み、首、肩、腰の痛みを治癒しました。 その時の気づきが「呼吸と瞑想が、自然治癒力を引き出す」でした。   また、メンタル面では、罪悪感が強く自己犠牲的な生き方しかできませんでした。なので、自信を持てませんでした。 しかし、瞑想を重ねる中で、自分の内側に愛・才能・価値があることに気づきました。なので自己肯定感を持てるようになりました。   そんな経験から、「自分が好きになり、わくわくシンクロを体験しながら、純粋な愛で人とつながる」ことが「幸せ」だと悟るに至りました。 平成25年5月に、てもみ「コリトル」を起業し、 現在、「心身の癒やし」「本当の自分との出会い」「自分が好きになる」「わくわくとシンクロで生きる」をサポートしています。   お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください