不倫と精神疾患

不倫と精神疾患(浮気,恋愛,依存など 悩み相談)浜松市の心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん) 

 

前回、

「人が好き!」は、フツウ、人をシアワセにする。

けれど、

不倫の場合は「好き!」が人をシアワセにしない。

どころか、

心も壊れ、体も壊れ、家庭も壊れてしまうという、

つらく悲しい悲劇を人に与える。

だから、不倫は、

とても怖くて、とても恐ろしい、

魔物のようなものかもしれません。

などと書かせていただきました。

 

人の力ではどうにもならない

 

不倫のご相談をお聞きして、

よく思うのが、

「ご相談者様の力では、

どうすることもできない」

というところが、

不倫の難しさのように感じたりしています。

 

不倫に真っ正面から立ち向かっても、

不倫には勝てないという印象です。

 

例えば、ボクが、

アントニオ猪木やジャイアント馬場に、

プロレスの戦いを挑んでも勝てないのと、

似ているような…。

(また?古い? (・_・; )

 

つまり、不倫は、

相手にスッパリ「さよなら!」と言えば、

スンナリ縁を切れるような

簡単な代物(シロモノ)ではない

という印象を受けています。

 

好きな人の心を引き裂けますか?

 

 

もちろん、不倫は1人ではできないので、

相手がいます。

 

そして、相手がいるということは、

縁を切ろうとする時、

自分だけでなく、

相手の気持ちも引き裂かなければならない。

 

つまり相手の気持ちを引き裂かないと、

不倫はやめられないということです。

 

また、

相手がそれを望まないケースが多いので、

 

不倫関係は、

ズルズルズルズルと、

長引いてしまいがちです。

 

気持ちが落ち着かない

 

やっぱり、

自分のことを「好き!」と言ってくれる人

(もしくは、自分が好きな人)の、

心を引き裂くことは、

簡単ではありません。

 

そして「その結果、どうなるのか?」

というと、

「気持ちが落ち着かなくなる」ようです。

 

「好き!」が不安を生む

 

理由は、

「良くないことをしてる」という罪悪感、

「バレないようにしなきゃ」という緊張感、

「バレたらどうしよう?」という不安、

「本当に私が好きなのかな?」という不信、

など様々だと思うのですが、

 

とにかく、

不倫関係が続いていると、

気持ちが落ち着かなくなるようです。

 

つまり、人をシアワセにする「好き!」が、

人の心を緊張させ、不安にさせているということです。

 

それは、

お酒やたばこを断った時の、

禁断症状と似ているかもしれません。

 

相手と2人でいる時は、

ウキウキと、心がときめき、

恋愛という甘い香りに酔いしれて、

気持ち良いのですが、

 

2人の時間が、終わってしまうと、

気持ちが不安定に…。

 

 ココロが病んでしまう

 

そして、徐々に、少しずつ、

平和な気持ちで、

安堵感に浸って、

ゆっくりと休む、

ことができなくなくなります

 

それは、躁鬱(そううつ)病の、

躁の状態が続いているような状態なので、

夜の睡眠も、浅く短いものになってきます。

 

なので、心療内科に行って、

「精神疾患」の診断を受け、

睡眠導入剤を処方してもらったり、

アルコールの力を借りて、

深く眠ろうとするのですが、

 

根本的な解決をしていないので、

導入剤やアルコールが手放せなくなります

 

 カラダも病んでしまう

 

すると、さらに、自律神経が乱れ、

落ち着かなくなり、

睡眠導入剤やアルコールの量が増える

 

結果的に、薬やアルコールの

毒素成分を分解しきれなくなり、

肝臓などの内臓、

つまり、カラダも病んでしまう

 

という悪循環のサイクルにハマって、

アリ地獄のような底なし沼に、

堕ちてしまって、

そこから、抜け出せなく…

(-_-;)

 

当然、人は1人で生きているわけではありませんので、

ある人が心身ともに病んでしまうと、

家族や、その周辺の人たちも、

その影響を受けざるを得ません

 

例えば、

家族が、その人のネガティブな感情を受け止めなざるを得なくなったり、

配偶者が、その人の代わりに何かをやらなきゃならなくなったり…。

 

 不倫したら精神疾患になる?

 

そんな感じで、

「不倫によって、心も壊れ、体も壊れ、

家庭も壊れてしま」ったりするのですが、

 

もちろん、

「不倫したら、精神疾患になる」訳ではありません。

 

反対に、不倫しているから、

なんとか精神状態を保てている、

というかたもいらっしゃいますので…。

 

また、どんなに精神が不安定になって、

心療内科で診てもらっても、

本人が、赤裸々に自分の不倫を暴露しない限りは、

「恋愛依存症」や「性(セックス)依存症」等の診断を受け、

「一緒に不倫問題を解決していきましょう」という風にはなりません

 

なので「不倫したら、精神が病む」という、科学的な根拠があるワケでもありません。

 

 でも、もし、不倫しなかったら?

 

でも、

「もし、不倫しなかったら…。

こんなに、心も病み、カラダも病み、

家族まで、壊れてしまう、

なんていう、

ツラく苦しい状況に

堕とされれなかったのでは…。」

(´・_・`)

 

と、

不倫という「魔物」を呪いたくなる

気持ちになったりするんです。

 

また、長くなっちゃいましたね。

最後までお付き合いくださり、

本当にありがとうございます。