TAG

不幸

幸せになれない理由

  こんにちは  0次元カウンセラーのぶさんです!   ( はじめましてのかたは、こちら。 )   みんなシアワセを望んでいるはず  。   なのに   、 なぜ    、   みんなシアワセになれないんだろう なんていうことを、 僕は、ずーっと考えていました。  そんな、変な人が僕です。 変なおじさんって言われるくらいなら、 良いのですが、 変人と呼ばれた […]

続・幸せの方程式(22) 【+-ゼロ=無=光 ② 不幸を食べる】  

幸せの方程式(22)           【+-ゼロ=無=光 ② 不幸を食べる】       シャンカールの優しさを感じた僕は、徐々に落ち着きを取り戻した。 「でも、僕はどうすれば…。」僕はうつむいたまま、独り言をこぼした。 「不幸を呑み込んでしまいなさい。不幸が無くなるまで不幸を食べてしまいなさい。そうすれば、不幸が無くなる。」 と、シャンカールが静かに答える。 「えっ? 不 […]

続・幸せの方程式(20) 【潜在意識 ⑩ 心の中に突っかかっている】  

続・幸せの方程式(20)             【潜在意識 ⑩ 心の中に突っかかっている】       「確かに彼は不幸な人生を選んだのかもしれないですが…。」 僕が、自信なさげに答えるのとは対照的に、シャンカールは、少し語気を強めた。 「ユウは、客観的に他人を見る時であれば、冷静に判断できる。 だから、『彼が自分から不幸を選択した。』ということは、ユウもある程度理解できるは […]

幸せの方程式(19) 【潜在意識⑨ 自分から不幸を選んでいる】  

幸せの方程式(19)             【潜在意識⑨ 自分から不幸を選んでいる】     「そして、ユウは、寝ている時、自分で作った夢を自分で見ている。 目覚めている時、自分で作った現実を自分で見ている。」 と語るシャンカールに、僕は、こちらの世界で初めて質問した。 「寝ている時、自分で作った夢を自分で見ているというシャンカールさんの話には、『確かにそうかもしれない。』って思えるん […]

本当の自分に出会う物語「コトちゃんはひきこもり」(25)

                        【それだけのこと】   しばらくして、コトハが2杯目のアイスコーヒーを持ってきた。というより、僕がアイスコーヒーを飲みたいと思ったとおりにコトハが動いて、アイスコーヒーを持ってきた。 コトハは、相変わらず静かだが力強い言葉で話す。 「お兄ちゃん、自分を責めないでね。今回の経験はお兄ちゃんの中の罪悪感を知るためには、とってもいいことだったの。コトちゃん […]