コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式(20)

 
 
 
 
 
 

【潜在意識 ⑩ 心の中に突っかかっている】  

 

 

「確かに彼は不幸な人生を選んだのかもしれないですが…。」

僕が、自信なさげに答えるのとは対照的に、シャンカールは、少し語気を強めた。

「ユウは、客観的に他人を見る時であれば、冷静に判断できる。

だから、『彼が自分から不幸を選択した。』ということは、ユウもある程度理解できるはずだ。

しかし、いざ、ユウ自身が不幸を体験しているとなると、『ユウ自身が自分から不幸を選択した』と冷静に考えられなくなる。

つまり、自分を客観的に見るということは、意外にもかなり難しいことなのだよ。

だからこそ、ユウはミーに会いに来たんだろう?

『自分では、どうにもならないが、ミーという客観的な人間に会うことで、自分を客観的に見られるようになる。』ということをユウの潜在意識は知っている。

だから、ユウはわざわざ、こんな遠いところまで飛行機に乗って来たのではないのかね?

つまり、ユウがここに来たことも、医者だった彼が不幸を選択したことも、『潜在意識に従った』という点では共通している。

彼も、ユウも、『潜在意識』に従って自分で選択し行動しているのだよ。

話を元に戻すが、

医者だった彼は、『将来の幸せのために、しばらくの不幸を自分から選んだ』ということは、もう分かったね?」

「確かに彼は『将来の幸せのために、しばらくの不幸を自分から選んだ。』ような気がします…。」

「そうだ。そして、ユウも同じだ。

もし、将来の幸せのために、しばらくの不幸を経験しなければならないのだとしたら、ユウはしばらくの不幸を選択する。

将来の幸せのためならば、苦しかろうが辛かろうが、しばらくの不幸を選択するのがユウだろ?」

「僕は『将来の幸せのためなら、苦しく辛い不幸を自分から選択する』人間だと?」

「そうだ。実際、不幸を味わったユウと不幸を味わわなかったユウでは、どんな違いが生じると思うかね?

不幸を味わったユウは、不幸を味わなかったユウより、人の気持ちが分かるようになったり、人を思いやれるようになったり、小さな幸せに大きく感謝できるようになったりするんじゃないのかね?

『ユウの苦しく辛い不幸な経験は、ただマイナスでネガティヴなだけの経験なのか?

それとも、その不幸な体験の中には、プラスでポジティブな側面が少なくとも一つはあるのか?』ということだよ。」

「それでも…。」

僕は、シャンカールの話に同意することを渋った。

心のどこかで、シャンカールの話にうなずけないでいる。

何かが、僕の心の中に突っかかっている。

 

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

 

 

・カウンセリングにこだわる理由

 

 

なぜ、僕がカウンセリングにこだわるのかというと、 あなたが話した言葉には、あなたの人生を変える力があるからです。

どんなに立派な先生の言葉よりも、 あなた自身の言葉の方が、パワフルだからです。

 

 

‪あなたの言葉とは、あなたのハート・あなたの魂が、この世に現れたものです。‬

 

‪だから、あなたの言葉が、あなたを癒やし、

‪あなたの言葉が、あなたの問題を解決し、

‪あなたの言葉が、あなたに愛を与えます。

なので、カウンセリングで話すあなたの言葉には、あなたの人生を変える力が宿っています。

だから、僕はカウンセリングにこだわります。

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」