コンテンツへスキップ

 

なぜ、話すだけで、人は変わるのか?

 

‪あなたの話す言葉は、本当にパワフルです。

 

あなたの言葉は、状況を変化させるパワーを持っています。  

 

なぜなら、あなたの言葉とは、あなたのハート・あなたの魂が、この世に現れたものだからです。 ‪

 

‪そして、あなたの言葉は、あなたを癒やし、 ‪あなたの言葉は、あなたの問題を解決し、 ‪あなたの言葉は、あなたに愛する力を与えます。‬

 

    img_3660    

 

のぶさんは瞑想の専門家なので、あなたがのぶさんと話せば話すほどに、あなたの中のハートと魂が現れてきます。  

 

もしかすると、あなたのハート・あなたの魂から出た言葉は、あなたにとって異質なものと、感じるかもしれません。  

 

でも、あなたの言葉であるという事実に変わることはありません。  

 

なので、あなたの言葉が、あなたを癒やし、あなたの問題を解決し、あなたに愛する力を与えます。  

 

だから、「話すだけで、人は変わる。」と思います。          

 

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」

 

 

 

過食や拒食で悩まれている方も多いことと思います。  

 

過食も拒食も、自分ではコントロールできないから困っている。  

 

なのに、人からは、「意思が弱いからだ。」と言われ、傷つき自己嫌悪に陥ってしまう。  

 

そんな人が少なくないようです。      

 

自分では、コントロールできないということは、「顕在意識」を超えた「潜在意識」が、過食や拒食をさせているということかもしれません。  

 

潜在意識は、親を愛しています。   食にまつわる潜在意識は、特に母親を愛しているようです。  

 

なので、あなたは、お母さんのために過食や拒食をしてしまっているのかもしれません。      

 

つまり、あなたは、お母さんを愛するがゆえに、お母さんを守りたいが為に、お母さんを助けたいが為に、過食や拒食をしているのではないでしょうか?

 

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」

 

 

僕は、「性悪説」という「観念」を持って生きてきました。  

 

分かりやすく言うと、「人間なんて、所詮、自己中心的な生き物だ。」という「観念」を持って生きてきました。

 

つまり、人間は、結局、自分のことが一番かわいいし、いざとなったら、他人を犠牲にしてでも、他人を殺してでも、自分が生き残ろうとする。

 

それが、人間なのだ。

 

意識的にせよ、無意識的にせよ、ボクは、そんな「観念」を持って生きてきました。  

 

そして、人間は、汚い。

 

人間は醜(みにく)い。

 

そう思っていました。  

 

 

性悪説

 

だから、 そんな汚い自分、醜い自分を、否定することが、 良いことだと思っていました。  

 

僕は、自分を大切にすることは、悪いことだと思っていましたし、 自分を優先することに、罪悪感を感じていました。  

 

そして、常に、 他人より、自分を大切にしてはならない。

 

何か、人様の役に立っていなければならない。

 

そう思うようになっていました。  

 

そうしなければ、自分に価値はない。

 

人の役に立っていない自分は、生きていてはならない。

 

と…。  

 

 

観念のおそろしさ

 

 

そうして、結局、   病気になってしまいました。  

 

そして、結果的に、家族のために、お金を稼ぐこともできない。

 

のみならず、治療費用で、さらに、家計を圧迫するという状況に追い込まれました。  

 

その時、僕は「死にたい。」と思いました。  

 

人様の役に立たない自分には、生きる意味もない。

 

人様の役に立たない自分に、価値はない。 だから、生きていることは、悪いこと。

 

だから、死ぬべきだ。  

 

そう思いました。    

 

そんな風に、「観念」は、人を死に追い込むほどに、恐ろしいものなのだと思うのです。

 

 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」

 

 

 

ストレス(=ネガティブな感情)を解消するために、気持ちを紛らしたり、気分転換することも必要です。  

 

しかし、ストレスは、あなたの夢実現(=願望達成)のための、ガソリンや栄養にもなり得ます。  

 

普段、私たちは、ストレスから目をそむけがちですが、夢実現を意識しながら、そのストレスに集中すると、夢実現とストレスとの間に、リンク(=繋がり)があることが分かってきます。  

 

もちろん、ストレスに集中すると、怒りで体が震えてきたり、止めどない哀しみの涙が溢れてきたりしますが、ストレスにどっぷり浸っていると、徐々に冷静さを取り戻し、ストレスと夢との関連性に気づくようになります。  

 

理想的なストレス解消とは、ストレスが夢実現に必要であることをハッキリ認識すること。  

 

つまり、ストレスが、見失っていた夢を思い起こさせてくれる存在であると同時に、その夢を実現させてくれる起爆剤(=ガソリン)になることに気づけると、本当の意味でストレス(=悩み、問題、ネガティヴな感情)が解消されます。

 

 


 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」

 

 

 

夫婦関係で、悩まれている方がとても多いです。  

 

もちろん、一概に、「これが原因です。」とは言えません。  

 

ただ、夫婦喧嘩の原因の一つに、(韓流などの)メロドラマとAV(アダルトビデオ)があると思っております。  

 

韓流ドラマ(浜松市の心理カウンセリング)

 

つまり、メロドラマやAVで作られた幻想が、夫婦の愛や性に対する誤った期待を創り出し、夫婦関係を悪化させています。      

 

例外もありますが、女性はメロドラマを好み、男性はAVは好む傾向にあります。  

 

当然のことながら、どちらも、現実を実写した映像ではありません。  

 

どちらも、売上を上げるため、視聴率を上げるため、消費者心理を徹底的に考え抜いて作られた架空の映像です。  

 

だから、メロドラマもAVも、現実よりも、刺激的、過激なものとなります。

 

そうしなければ、売上も上がらず、視聴率も上がらないから、そのように制作されます。      

 

そして、何度も何度も、そのような架空の映像を視聴しているうちに、「それがあたかも現実である。」かのような錯覚に陥ってしまいます。  

 

すると、無意識にパートナーがメロドラマ男優やAV女優のように演じることを期待してしまいます。  

 

しかし、パートナーがそのように演じてくれるケースはめったにありません。  

 

なので、パートナーに失望します。

 

「満足できない。残念。」と…。      

 

そんな失望が積み重なるうちに、我慢できなくなり、夫婦喧嘩に発展してしまうケースが少なくないようです。      

 

大人なのだから、メロドラマを見るのもAVを見るのも構わないことです。  

 

ただ、メロドラマもAVも、売上や視聴率を上げるため、視聴者を過度に刺激するような内容になっているということを忘れないようにしなければならないし、「心の麻薬」のようなものであることも忘れないで欲しいです。

 

 


 

「本当のあなたが見つかる癒やしのカウンセリング」 「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」新しいウィンドウで開きます 「来談者中心療法とは?」 「観念書き換え療法とは?」 「家族トラウマ解消療法とは?」 「愛されないから満たされないのではありません。」 「ビジネスカウンセリングとは?」 「ストレス(ネガティブな感情)とは?」 「夫婦喧嘩の原因」 「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」 「アファメーション療法」 「あなたの本質は愛です。」 「あなたは無限の愛」 「陽転思考」 「思考は現実化する」 「人間関係のマトリックス」 「拒食症と過食症」 「あなたはすでに」 「観念の恐ろしさ」 「過去の感情を癒やす」 「価値観の違いに感謝する」 「自己中?それとも自己犠牲?」 「無責任なカウンセリング 「自分以外の人になろうとしていませんか?」 「本当の自分が分からないあなたに。」 「自分が嫌いなあなたに。」